Lectura Nº 1 "El pequeño abrigo del pequeño perro"

小さい犬の小さな青い服

ウィニフレッド ラベル 作

じん ぐう てるお やく
神宮 輝夫 訳

perrito_abrigo_azul小さなおじいさんが、 小さなめすの黒犬を かっていました。とても小さな犬だったので、 「ねずみ」という名前をつけました。 ねずみは、 かりが大好きでした。子うさぎぐらいは見つけたいと、 鳥のおばねのようなしっぽをふりながら、 小さい短い足で、 ちょこちょこ森の中をかけ回りました。ねずみは、 長い鼻で、やぶの下やしだの中や木の切りかぶのまわりや生けがきを、 クンクンかいで回りました。 じつは、 まだ、 うさぎをつかまえたことはないのです。 それでも、ねずみは、 うさぎあなを見つけるために、 毎日、 森の中をせっせとかけ回っていました。

冬のある日のこと、 ねずみが、 においをかぎながら、 森の小道を小走りにかけていくと、 とつぜん、 すてきなうさぎのにおいにぶつかりました。 ねずみは、ぞくぞくするほどうれしくなって、 キュウキュウと鳴きました。 それから、 やぶをぬけ、 しだをおし分け、 木の切りかぶを回り、 生けがきのわきをかけていきました。 すると、 目の前に、 あなが一つありました。 うさぎあなです。それは、 大きなあなでわりませんでした。 しかし、 ねずみは、 とても小さな犬です。 ねずみは、 あなにとびこむと、 長いトンネルを おりていきました。 それから、 立ち止まって、 ワンとほえました。

目の前に、 大きくて強そうな茶色のうさぎがいたのです。 ねずめは、 うさぎに 向かってほえました。 ところが、 うさぎはにげません。 長い耳を左右にふったり、 やわらかい鼻をひくひくさせたりしながら、 じっとすわっていました。 ねずみは、 せいいっぱい大きな声を出して、 ウオー、 ウオーとほえました。 それでも、 うさぎはにげませんでした。

「あなたは、 どうしてにげないの。」と、 ねずみはききました。
「あなたがにげなければ、 つかまえられないじゃないの。」
「君は、 なぜ、 わたしをつかまえたいのかね。」と、 うさぎは言いました。
「なぜだか、 よく分からないわ。 でも、 うさぎはにげるもの、 犬は追うものと決まっているでしょ。 あなたは、 わたしがこわくないの。」と、 ねずみが言いました。
「こわくないさ。 だって、 君は、 とても小さいから。」
「それじゃ、 ほえるから聞いてごらんなさい。 こわくなるか。」
ねずみは、 いっしょうけんめいほえました。 すると、 「あら、 あら、 いったい、 なんのさわぎです。 しずかにしてくださいな。 赤ちゃんが起きてしまうから。」と言って、 うさぎのおくさんが出てきました。
「あら、 あなたなの。 森でよく見かけますね。 さあ、 そんな声を出すのはやめて、 わたしたちの赤ちゃんを見にいらっしゃい。」

うさぎのおくさんは、 もう一つのトンネルのおくへ、 ねずみをあん内してくれました。 おくさんのへやでは、 うさぎの赤ちゃんが、 五ひきならんで、 気持ちよさそうにぐっすりねむっていました。
「これで、 ここまで来る道が分かったでしょ。 またいらっしゃい。 さよなら。」 と、 うさぎのおくさんが言いました。

次の日、 小さなおじいさんとねずみが外に出ると、 外は、 一面の銀世界でした。 夜の間に、 雪がふったのです。
「お前に、 あたたかい洋服を買ってあげよう。」 小さなおじいさんは、 小さな犬のために、 あたたかい、 きれいな洋服を買ってくれました。 赤いふちどりのある青い洋服でした。
「さあ、 着せてあげるよ。」 小さなおじいさんは、 ねずみに洋服を着せてやりました。 首とおなかのところを、 ひもでむすぶのです。
「これで、 もう、 雪がふってもさむくないよ。」と、 おじいさんは言いました。 ねずみは、 いやがってうなりました。 首とおなかが、 きゅうくつでたまりませんでした。 それに、 洋服は、 足のところまでかぶさっていて、 自由に歩くこともできません。

ねずみは、 洋服をぬいでしまおうとして、 もがきました。 しかし、 赤いふちどりをした青い洋服は、 体にぴったりくっついて、 どうしてもぬげませんでした。
小さなおじいさんは、 だんろのそばで、 うとうといねむりを始めました。 ねずみは、 入り口からそっとぬけ出しました。 雪の上に小さな小さな足あとをつけながら、 森の小道を、 ちょこちょこ歩いていきました。
ねずみは、 やぶの下やしだの下や木の切りかぶのまわりをにおいをかいで回り、 生けがきのわきをかけて、 ようやくうさぎあなに着きました。

ねずみは、 ワンと一声小さくほえてから、 トンネルをおりていきました。
「おや、 あなたはだれですか。 あら、 ねずみさんね。 スケート服なんか着ているから、 だれだか分かりませんでしたよ。」と、 うさぎのおくさんが言いました。

「これは、 スケート服でわないの。 上等の洋服よ。 でも、 きゅうくつで、 わたしはきらい。 うさぎさんにあげるわ。 赤ちゃんの毛ふにちょうどいいと思いますよ。」と、 ねずみは言いました。
「ええ、 ぴったりですよ。」と、 うさぎのおくさんは言いました。
「ぬがせてあげましょう。」

そこで、 お父さんのうさぎが、 するどい前歯で、 首とおなかをしめつけているひものむすび目をかみ切ってくれました。 うさぎのおくさんが、 ぬげた洋服を、 ねむっている五ひきの赤ちゃんに、 そっとかけてやりました。
「子どもたちが、 ますますかわいいらしく見えるわねえ。 それにあたたかそうだこと。 わたし、 前から、 青と赤の毛ふがほしいと思っていたのですよ。」と、 うさぎのおくさんが言いました。 ねずみは、 とてもうれしい気持ちで、 さようならを言って、 家に帰りました。小さなおじいさんは、 ねずみを見て、 びっくりしました。
「 おや、おや、 あの洋服はどこへやった。」
「うふうん。」 ねずみはそう答えただけで、 後はしっぽをふっていました。
「さがしに行こう。」

小さなおじいさんは、 雪をかぶった森の中を、 洋服をさがして歩きました。 ねずみもついていきました。 おじいさんが、 どんなにさがしても、 赤いふちどりのしてある青い洋服は 見つかりませんでした。 でも、 ねずみは、 それからも、 たびたび洋服を見に行きました。

Análisis de oraciones complejas.

A veces encontramos en los textos oraciones muy largas, que se hacen un poco difíciles de entender para los que se inician en el estudio. Aún conociendo todas las palabras, la estructura puede resultar tan confusa, que no se entiende el sentido o la idea que la oración intenta expresar. Por eso, es bueno acostumbrarse a hacer un sencillo análisis de oración, identificando las partes que la componen. Esto nos permitirá descifrar con claridad qué es lo que expresa la oración. Con el tiempo, iremos acostumbrándonos a este tipo de estructura compleja, que además es muy distinta a la de idiomas como español o inglés.

Lo primero que tenemos que hacer es identificar cuál es el sujeto y el predicado, o acción principal. En caso de que exista, también buscaremos el objeto y los circunstanciales de tiempo, de lugar, etc. que nos dan más información. Atención: no siempre estas partes van a estar explícitamente indicadas. Muchas veces están implícitas, en cuyo caso se sobreentienden por el contexto.

A continucación transcribimos algunas oraciones, indicando en rojo el sujeto, y en verde el verbo o acción principal.

冬のある日のこと、 ねずみが、 においをかぎながら、 森の小道を小走りにかけ
ていくと、 とつぜん、 すてきなうさぎのにおいにぶつかりました

赤いふちどりのある青い洋服でした

ねずみは、 長い鼻で、 やぶの下やしだの中や木の切りかぶのまわりや生けがきを、 クンクンかいで回りました

おじいさんが、 どんなにさがしても、 赤いふちどりのしてある青い洋服は 見つかりませんでした

Análisis detallado de las oraciones.

1) 冬のある日のこと、 ねずみが、 においをかぎながら、 森の小道を小走りに かけていくと、 とつぜん、 すてきなうさぎのにおいにぶつかりました。

Oración simplificada: ねずみが においに ぶつかりました。

La oración principal es ねずみが ぶつかりました。El resto simplemente dá más detalles que sirven para complementar la información o brindar datos más precisos acerca de la oración principal. Siempre que nos encontremos con oraciones largas, tratemos de extraer la idea principal del conjunto, separando lo más importante de lo accesorio.

冬のある日のこと、: Circunstancial de tiempo, nos ubica en el tiempo, indica en qué momento la acción tiene lugar.

ねずみが、: Es el sujeto. La partícula が determina el sujeto en este caso. El sujeto es el protagonista principal de la acción.

においをかぎながら、 森の小道を小走りにかけていくと、 とつぜん、 すてきな うさぎのにおいにぶつかりました。: todo el resto es el predicado, que a su vez podemos continuar subdividiendo:

においをかぎながら、: Esta es una acción secundaria que se realiza al mismo tiempo que la acción principal. におい es el objeto かぎながら es la acción relacionada con el objeto.

森の小道を小走りにかけていくと、: かけていくと es la acción, 森の小道を es el circunstancial de lugar, 小走りに es circunstancial de modo.

とつぜん、: Circunstancial de modo. Significa "de repente".

すてきなうさぎのにおいにぶつかりました。: es la parte más importante del predicado, ya que indica la acción principal.

Otra forma de analizar una oración es "realizándole preguntas":
Para conocer el sujeto: ¿Quién?
Para conocer el predicado: ¿qué hace?, ¿qué pasa?
Para conocer el objeto: ¿qué, ¿quién? (si es objeto indirecto: ¿a qué?, ¿a quién?)
Para los circunstanciales de modo: ¿cómo?, ¿de qué manera?
Para los circunstanciales de tiempo: ¿cuándo?,
Para los circunstanciales de lugar: ¿dónde?

Entonces, si partimos de la oración principal:

ねずみが ぶつかりました。

Preguntamos:

だれが ぶつかりましたか -》 ねずみ
ねずみが 何を しますか。 -》 ぶつかりました
ねずみが いつぶつかりましたか -》 冬のある日のこと です // においをかぎながら
どこに ぶつかりましたか -》 森の小道
何を ぶつかりましたか -》 すてきなうさぎのにおい
どのような ぶつかりましたか -》 とつぜん

2) 赤いふちどりのある青い洋服でした。

Oración simplificada: 洋服 でした

Si bien esta oración no es larga, presenta una estructura interesante, que aparece seguido en japonés y suele confundir. En verde está marcado el sujeto, y en negro el predicado. En principio parece muy sencillo, pero veamos una cosa, dentro del sujeto, cuál es el objeto principal, y cuál
el accesorio?

洋服 es el objeto principal (abrigo).

青い modifica a 洋服 indicando que el abrigo es azul.

赤いふちどりのある en realidad significa 赤いふちどりがある (hay bordes rojos).

La traducción sería: un abrigo azul de bordes rojos. Vean que distinta es la estructura en ambos idiomas.

3) ねずみは、 長い鼻で、 やぶの下やしだの中や木の切りかぶのまわりや生けがきを、 クンクンかいで 回りました。

Oración simplificada: ねずみ回りました

ねずみは: sujeto.

長い鼻で: circunstancial de modo, que indica "con nariz larga".

やぶの下やしだの中や木の切りかぶのまわりや生けがきを: objeto que indica el lugar ([lugar] を回りました). Este objeto está compuesto por varias partes, separadas por la partícula や, que se usa para hacer numeraciones. Las partes enumeradas son: やぶの下, しだの中, 木の切りかぶのまわり, 生けがき. Todas ellas dan una idea más exacta de los lugares que el perro recorre.

クンクンかいで: otro circunstancial de modo. Significa "olfateando". Este es un ejemplo de frases conformadas por una onomatopeya en katakana y un verbo.

4) おじいさんが、 どんなにさがしても、 赤いふちどりのしてある青い洋服は 見つかりませんでした。

Oración simplificada: おじいさんが 洋服は 見つかりませんでした。

おじいさんが: sujeto.

どんなにさがしても: circunstancial, significa "por dondequiera que busque".

赤いふちどりのしてある青い洋服は: objeto.

見つかりませんでした: acción principal.

Vocabulario (単語)

おじいさん = anciano
めす = hembra
ねずみ = ratón, rata
かり = cacería
おばね = (鳥の) plumas traseras (ave)
しっぽ = cola
短い (みじかい) = corto
ちょこちょこ = con pasitos cortos
やぶ = arbusto
しだ = helecho
切りかぶ (きりかぶ) = tocón, tronco cortado
株 (かぶ) = raíz
生けがき (いけがき) = seto
クンクン = sonido para indicar que se olfatea algo
嗅ぐ (かぐ) = olfatear
つかまえる = atrapar
小道 (こみち) = sendero
小走り (こばしり) = correr con pasos cortos
すてきな = lindo
ぶつかる = chocar(se)
ぞくぞくする = excitarse
わき = costado
ぬける = atravesar
おし分け ( おしわけ) = apartar
とびこむ = saltar dentro de algún lugar
吠える (ほえる) = ladrar
柔らかい (やわらかい) = suave, tierno
ひくひくする = crisparse
せい = energía
だって = pero, porque
ごらんなさい = 見て下さい (honorífico)
いったい = en todo el lugar
案内する (あんないする) = guiar
ぐっすり = bien
一面 (いちめん) = por todos lados
銀世界 (ぎんせかい) = mundo plateado (cubierto de nieve)
ふちどり = ?
唸る (うなる) = gruñir
きゅうくつ = justo, estrechez
それに = además
たまる = acumularse, juntarse
かぶさる = colgar por encima
もがく = luchar
くっつく = adherido, pegado
どうしても = de todas maneras
うとうとい = dormitando
ぬけ出す (ぬけだす) = salir a hurtadillas
ようやく = finalmente
一声 (いっせい) = una voz
スケート = falda
なんか = algo
上等 (じょうとう) = buena calidad
毛ふ (もうふ) = manta
ぴったり = justo, exacto
するどい = filoso
前歯 (まえば) = dientes delanteros
しめつける = atar fuerte
ますます = más y más
おや! = oh!
どんなにさがしても = por dondequiera que busque

Compartir esta página


Agregar un comentario

Conexión

Resuelve la cuenta * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.


Registro | Contraseña perdida?
Aprender Japonés